チラシや冊子を作製しようと考えていても、どのような種類の紙で厚みはどれくらいが何kgといわれてもよくわからない。
そんな方のために、紙の厚みについて詳しく解説していきます。

紙の厚さは【kg】で表記される

基本的に紙の厚みは【mm】ではなく、斤量(斤量)と言われる【kg】で表現されます。斤量とは、「原紙1000枚分の重さが何㎏になるか」で計算され、kgが低いほど用紙は薄く、高いほど用紙は厚いということです。
例えば斤量が58kgの時は、一般的なコピー用紙よりも薄く、新聞の折り込みチラシなどに仕様されることが多いでしょう。
他にも、どのような用紙がどれくらいの厚みであるのか、詳しい内容を紹介していきます。

斤量

厚みの印象

用途

おすすめ用紙

58kg

コピー用紙より薄い

新聞の折り込みチラシ

コート紙

70kg

コピー用紙とほぼ同じ

冊子の本文用紙

コート紙・普通紙

90kg

チラシでは定番の厚み

チラシの本文用紙

コート紙・マット紙

110kg

ある程度しっかりした厚み

パンフレット・フライヤー

マット紙

135kg

しっかりした厚み

表紙・ポスター

コート紙

180kg

郵便ハガキとほぼ同じ

DM・ポストカード

マット紙

220kg

ハガキより厚みがある

名刺・ポストカード

マット紙

斤量が多いほど紙は厚い

紙の厚みは、斤量で表現します。
さらに斤量の数値が高いほど、紙は厚いことがわかるので、用途に合わせてどれほど印刷する必要があるのか、適量はどれくらいなのか、斤量で見極める必要があるでしょう。
また斤量は、原紙の種類によっても違います。原紙はA列本判やB列本判などです。具体的には、原紙の違いで、どれほど斤量が変わるのか、表で紹介していきます。

 

A列本判
(㎏)

菊判
(㎏)

B列本判
(㎏)

四六判
(㎏)

メートル坪量
(g/m2

チラシ

28.5

31.0

43.5

45.0

52.3

文庫本本文・週刊誌本文・チラシ・コピー用紙

35.0

38.0

53.0

55.0

64.0

文庫本本文・
週刊誌本文・チラシ

40.5

43.5

61.0

63.0

73.3

43.5

47.0

65.5

68.0

79.1

週刊誌本文
リーフレット

44.5

48.5

67.5

70.0

81.4

ファッション雑誌本文・リーフレット

46.5

50.5

70.5

73.0

84.9

57.5

62.5

87.0

90.0

104.7

週刊誌表紙・パンフレット・DMはがき

70.5

76.5

106.0

110.0

127.9

ファッション誌表紙・パンフレット・ポスター
DMはがき・名刺

86.5

93.5

130.5

135.0

157.0

115.0

125.0

173.5

180.0

209.3

用途と斤量の違いについては、大体表の通りです。ただコート紙やマット紙、普通紙のどの紙の種類を利用するかによって、細かい斤量は変化します。
用途や紙の種類によって、適している斤量が異なるので、今回紹介した表を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。